プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年潜り締めは・・・

12月31日(金)
天気 
気温 21度
水温 21度
風向 北西
波高 7.0m
透明度 20m

今年の年末も大時化になってしまいました・・・

波高も7m・・・台風が近くを通り過ぎてもなかなかならない数字に


そんな中母島では困ったときの「東港」ということで、朝から東港に向かいました

母島に来たことある方も、ダイビングをしたことがある人は少ないかもしれません


人が入らないし、船が停泊しているわけでもない港なのでそのままのサンゴ礁が広がっています

101231sanngo.jpg

ダイバーの足元にあるのは全部ミドリイシ系のサンゴの群生です
足の踏み場もなほどのサンゴがぎっしりと水底を埋め尽くしています


さらに砂地のほうへ目を向けると、大きなマダラエイが眠っていました






今年最後の母島ダイビングは、ボートを出すことはできませんでしたが、巨大なマダラエイで締める形になりました

あと少しで2010年も終わりになります

すごくいい年だった人も、そうでもなかった人も、来年が良いお年になりますように

それではみなさん、良いお年をお迎えください

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

地震、津波、皆既月食

12月22日(水)
天気 
気温 23度
水温 22度
風向 北東
波高 2.0m
透明度 -


昨日~今日にかけて色々なことがおこった母島です
まずみなさんが気になっていることといったら、昨日の津波&地震だと思います・・・

昨日の夜2時ぐらいに突然の地震・・・相当な揺れで即緊急放送が

村内全域に空襲警報のようなサイレンが鳴り、「高台に非難してください!!」とのことでした

その後には「海に近い方は避難所を設置しましたので、診療所に非難してください」・・・・



書いている僕はあまり気にしなかったんですが、テレビを見ると大騒ぎ役場の知り合いとかがNHKのアナウンサーと電話で話してたりしてるじゃないですか

そんなのを寝ぼけ眼で見つつまた眠りに入ってしまったんですが、クラブノア母島のボス、中西さんの話だとやはり津波前の引き潮がすごかったようです店の前の港はそこが見えるぐらいまで下がったらしいですよ

みなさんご心配お掛けいたしました母島は無事ですよ~



さて、そんなことがある前に実は「皆既月食」があったんです

月と太陽の間にちょうど地球が入り、月が完全に真っ暗になる現象です

101222tuki1.jpg


皆既のときは、月が暗すぎて写真は撮れませんでしたが・・・

最初はもっと真っ暗で、まるでドラエモンに出てくるような月でした(笑)



101222tuki2.jpg


後半はいつも見ている月が徐々に満月に向かっていく月食でした

あまり星に興味のない僕ですが・・・やはり神秘的ですね感動しました



そいえば母島に来る人、来ようと思っている人たちに朗報です

ついにザトウクジラのソングが聞こえました

まだ遠くからのソングですが確かに聞こえてきましたので、見れる確率も上がってくるはず


まだ姿を目撃したのは紅子さんだけなので、早く見たいほかのスタッフたちです

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

小笠原諸島母島の日の出

12月21日(火)
天気 
気温 21度
水温 22度
風向 北東
波高 2.0m
透明度 -


今日は早朝6時出船で、日の出を見に行きました

小笠原母島の南にある小富士は有人の島の中で、日本一早く日の出が見られる場所です

ですので、今日見た日の出も日本で一番最初に見たのかも知れません


完全に見れたわけではないんですが、夕陽とは全然違い一足早新年を迎えた気分になりました


101221hi.jpg


果たして今年の年明けは初日の出、見れるでしょうか??

しばらく見えていないので久しぶりに見たいですね~

晴れてるのに・・・

12月19日(日)
天気 
気温 21度
水温 23度
風向 北東
波高 2.0m
透明度 20m

最近晴れているのに寒くなってきました・・・

常夏の島のはずの小笠原も、いよいよ長袖長ズボンの季節です

海の中はまだなんとか23度そろそろクジラが出てきそうな海になって来ました


本日のダイビングのご紹介は母島の有名ポイント四本岩
最近単独イソマグロがよく現れるのと、こんな生き物を発見

101219ebi - コピー


みなさんご存知のフリソデエビ
小笠原じゃなくっても!!なんて言わないでください

ここ小笠原は伊豆諸島とミクロシア系の魚が入り混じる島

両方をいっぺんに見れるところがすごいところなんです


この写真はわざとキリンミノ切り取らなかったんですが、フリソデエビのことは捕食しないんでしょうか

じーっと見つめているように見えましたが、フリソデエビの方は何も気にしていないような感じでした


続いて平島の水浜

ここでは滅多に見れない、アオウミガメのクリーニングシーンに遭遇

101219kame - コピー


ハギの仲間やベラの仲間が一生懸命つっついているのを、気持ちよさそうにクリーニングされています

そろそろアオウミガメも繁殖シーズン

100キロオーバーのアオウミガメたちが長い回遊をへて、小笠原にやってくる時期です


これからのシーズンが最も熱いシーズンです!大物回遊魚、カメ、エイ、クジラなどなど楽しみが増えてきますよ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

イルカ調査、その2

先日のイルカ調査のときに撮影した動画をアップしました。
素もぐりなのでゆっくりと撮影っていうわけにはいきませんでしたが、雰囲気は伝わると思います。


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

母島イルカ調査

12月7日(火)
天気 
気温 25度
水温 23度
風向 西
波高 2.0m
透明度 -


久しぶりのブログ更新です
なかなか更新しなくて申し訳ないです・・・・。

さてさて今日は出港日なのでツアーは何もありませんでした

昨日は「母島イルカ調査」ということで小笠原ホエールウォッチング協会と一緒に母島に生息しているイルカの調査に出かけてきました


最近全然姿をみていないミナミハンドウイルカなので、いるか不安でしたが母島沖港をでて1時間ぐらいのところにある鬼岩・サワラ根と呼ばれる場所の間に7頭のイルカの群れを発見

今回はスイムというか調査・個体識別なので連射で写真を撮ってきました

101206iruka1.jpg

ただ写真をとって終わりではなく、傷やひれの形などをもとにイルカの特定をします
ちょっと明るくしてあるのはこうすることでイルカの表面の傷などが浮き出てくるため、個体識別しやすくなるためです

それにしてもこの日のイルカたち・・・つまんなそうな、やる気のないような顔をしていました


コントラストをあげるのと、もうひとつは白黒にすることです

101206iruka2.jpg

白黒にすると、やはり傷やヒレのかけているところなど、わかりやすくなります

そしてパソコンにある情報と照らし合わせて、個体識別をしていきます
ちなみにOWAのイルカ調査隊の人は、見ただけでどのイルカかわかるそうです

それぞれのイルカに番号がついているので、

「何番と何番がいたよ!あれは何番だと思うけど違うかな~」


こんな感じの会話ができるようになるには3年ぐらいかかるらしいです・・・先が長いですね

101206iruka3.jpg

最後の写真は尾びれのかけ具合がよくわかると思います


こんなことを定期的にやって、母島でもどこにイルカが多く現れるか、どういった個体が母島周辺にやってきているのか、これからがんばっていくつもりです

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。