プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝探し!?

2009年6月12日(金)

天気:
気温:25℃
水温:22℃
風向:南西
波高:2.5m
透明度:20m

本日の「四本岩」も絶好調!!
70匹オーバーのイソマグロが目の前をグルグルまわってくれました。

この時期の「四本岩」名物はイソマグロだけではないのです。
岩場をちょっとのぞくと、イセエビがうじゃうじゃ
大きいものだと、体だけで5・60cmはあるものも

よーく見るとオレンジ色のブドウの房のような卵を大事に抱えている個体も何匹か見ることができます

そんな様子の画像は、また今度ぜひ載せたいと思います。


さて、今日の画像はカメ生簀での作業風景。

090612anahori.jpg
誰かの落とし穴を作っているわけではありませんよ~
何をしているところかというと・・・カメの卵探しです。

カメ生簀では、このところ毎晩のように、カメが産卵にあがっており、
スタッフも20:00~24:00までは見張りをして、産んだ卵を孵化場へ移す移植作業をします。
ところが、カメの上がってくる時間はまちまち・・・。当然産卵する時間も・・・。

そこで、24:00以降に産んだ卵は、翌日に掘り返して移植をするのですが・・・・
カメは卵を産んだ後、カモフラージュといって、
産んだ場所が分からないように、上手に砂で隠して帰るのです。

これを探すのが本当に大変で、見つけるのにひと苦労
なかなか見つからないと、画像のような大仕事となるのです

産卵シーズンのピークとなるこれから・・・。
きっと夏の終わりには、筋肉隆々のスタッフを見ることができますよ

<< 産卵ラッシュ!! | ホーム | ノアの看板魚 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。