プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母島のサメ

2009年11月17日(火)

天気:
気温:27℃
水温:26℃
風向:南東
波高:2.0m
透明度:30m

母島のサメといえば、ご存知ホワイトチップことネムリブカ
港のすぐ脇にある「脇浜ビーチ」では、スノーケリングでもじっくり観察でき、
その奥にある展望台の名前も「鮫ヶ崎」というぐらい、おなじみのサメです!!

本日も「四本岩」のダイビングでネムリブカをいっぱい見てきました。
イソマグロのいないこの時期は特によく見かけ、水路を我が物顔で悠々と泳いでいます。

091117nemuribuka.jpg

おとなしいサメとはいえ、すぐ横を泳いでいかれるとちょっとビクッとしてしまいます。


さて、同じサメつながりのお話で・・・。

ノアの隣には漁協の水揚げ場があり、夕方になると漁から帰ってきた猟師さんたちが
その日の獲物を水揚げしています。
母島の主な漁(獲物)は“メカジキ”。
ちょうど、3本目のダイビングから帰ってくる頃に水揚げの時間が重なり、
ゲストの方たちも吊り上げられた巨大な獲物に歓声をあげます。

昨日も水揚げ場に人だかりができていたので、「大物が釣れたのかな~」なんて
ふとのぞいてみると・・・

ドーン!!
091117shumoku.jpg

なんとハンマーヘッド!!!

見物人はここぞとばかりにパシャパシャ
しばらく水揚げ場は、撮影会場と化しました。

今はなき、サメオタクの元スタッフ“マゲ”が見たら、大興奮だったんだろうな・・・
なんて思いながら、ひたすらシャッターをきる私なのでした。


<< 砂地の生き物 | ホーム | お久しぶり! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。