プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂地の生き物

2009年11月20日(金)

天気:
気温:26℃
水温:25℃
風向:北
波高:2.5m
透明度:20m

母島には60ヶ所近いポイントがあるのですが、、
今日はその中でも、特に砂地のきれいなポイント「蓬莱根沈船」と「南京浜」で潜ってきました。

水底に広がる真っ白な砂地を見ると、ついつい仰向けに寝転んじゃう人、フィンを脱いでかけっこしちゃう人、這いつくばって生物を探す人・・・など、楽しみ方は様々ですが・・・
砂地好きなダイバーさんというのも決して少なくはないはず。

かく言う私(ガイドM)も、そんな砂地好きの一人・・・。
今日は寝転んだり、かけっこしたりしたい衝動をぐっとこらえ
ひたすら這いつくばり生物探しに没頭しました。

エイ、ハゼ、テンス・・・いろいろいる中で、今日のヒットはこの2種類です!

まずは、トウカムリガイ

091120toukamuri.jpg091120toukamuri2.jpg

大きさは小玉のスイカぐらいでしょうか!?遠目から見ると、前衛的な帽子のよう・・・
どこから来たのか?はたまたどこまで行くのか??
地味ぃ~~な動きで砂地のうえを進んでいました。


そしてもうひとつは、モンヒモウミヘビ

091120monhimo.jpg

にょきっ!と、竹の子のように砂地から顔を出していました。
ソロリソロリと近づき慎重に撮影していましたが、やはり最後にはスポッと隠れてしまいました。
今度はぜひ全身を見てみたいものです!

<< お祭り | ホーム | 母島のサメ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。