プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前線の影響で・・・

5月31日(月)
天気 
気温 23度
水温 22度
風向 北東
波高 3.0m
透明度 -

前線の影響で北東の風が強い母島です

いなくなったと思ったらまた現れる・・・そう簡単には梅雨は終わってくれなさそうです
本土のほうは晴れ間が続いているようで・・・悪いのは小笠原と沖縄って感じですかね

そういえば先日はじめてみるオトヒメエビの仲間を発見しました

100531ebi.jpg
画像提供 橋本様

体長1センチぐらい、ペアで行動していて、オスかメスかわかりませんがどちらか片方が1センチ無いぐらいのとても小さなオトヒメエビの仲間でした

写真を見てもらったらなんでもスベスベオトヒメエビの仲間らしいです

詳しくはまだわかりませんが、未発見種がまだまだいる母島

本土のほうもそろそろ季節来遊魚が現れだすシーズン

大きな海流があたらないここ小笠原母島でも時にはガイドでも見たことの無い生物がふとした瞬間に現れる可能性があります

僕で言うと・・・ザンジバルボクサーシュリンプ、バイオレットボクサーシュリンプ、トンプソンバタフライフィッシュ、ナミダクロハギ、ミズタマヤッコ(幼魚)、ソデガシラ(幼魚)、ソメワケヤッコ(信じてもらえませんが・・・)、ユウゼン混雑種、コガネヤッコ混雑種、などなどあげればきりがないですが、探せば探しただけ新たな生き物が出てくるのがここ母島です

1件しかないマリンサービス、ダイビング解禁になって12年・・・東京から1050キロというあまり来れない環境・・・こういったことから、調べつくされた海というわけではないですからね

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

<< まだ続く・・・荒天の母島 | ホーム | 今日の母島ダイビング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。