プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母島イルカ調査

12月7日(火)
天気 
気温 25度
水温 23度
風向 西
波高 2.0m
透明度 -


久しぶりのブログ更新です
なかなか更新しなくて申し訳ないです・・・・。

さてさて今日は出港日なのでツアーは何もありませんでした

昨日は「母島イルカ調査」ということで小笠原ホエールウォッチング協会と一緒に母島に生息しているイルカの調査に出かけてきました


最近全然姿をみていないミナミハンドウイルカなので、いるか不安でしたが母島沖港をでて1時間ぐらいのところにある鬼岩・サワラ根と呼ばれる場所の間に7頭のイルカの群れを発見

今回はスイムというか調査・個体識別なので連射で写真を撮ってきました

101206iruka1.jpg

ただ写真をとって終わりではなく、傷やひれの形などをもとにイルカの特定をします
ちょっと明るくしてあるのはこうすることでイルカの表面の傷などが浮き出てくるため、個体識別しやすくなるためです

それにしてもこの日のイルカたち・・・つまんなそうな、やる気のないような顔をしていました


コントラストをあげるのと、もうひとつは白黒にすることです

101206iruka2.jpg

白黒にすると、やはり傷やヒレのかけているところなど、わかりやすくなります

そしてパソコンにある情報と照らし合わせて、個体識別をしていきます
ちなみにOWAのイルカ調査隊の人は、見ただけでどのイルカかわかるそうです

それぞれのイルカに番号がついているので、

「何番と何番がいたよ!あれは何番だと思うけど違うかな~」


こんな感じの会話ができるようになるには3年ぐらいかかるらしいです・・・先が長いですね

101206iruka3.jpg

最後の写真は尾びれのかけ具合がよくわかると思います


こんなことを定期的にやって、母島でもどこにイルカが多く現れるか、どういった個体が母島周辺にやってきているのか、これからがんばっていくつもりです

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< イルカ調査、その2 | ホーム | 月ヶ岡神社のお祭り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。