プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋のガラパゴス

4月6日(水)
天気 
気温 20度
水温 20度
風向 北東
波高 4.0m
透明度 -

本日も悪天候な母島です

今日は特にネタがなかったので私的なブログにしたいと思います

東洋のガラパゴスと呼ばれている小笠原諸島

そんな本家のガラパゴスがある国、エクアドル

絶滅危惧種が多く存在し、固有種の宝庫でもあります

野鳥の数も多く、いたるところにハチドリ用の餌場が設置してあり、何種類ものハチドリを見ることができます

P6210713.jpg

アマゾンの方へ行くと、鳥の不思議な行動も見ることができます


P6270988.jpg


これはインコの仲間が集団で土を食べているところです

不思議なことに、いっせいに降り立ってある程度食べたらいっせいにいなくなります

土に含まれる成分が、体の毒を中和しているとか、そうでないとか・・・

すんませんあまり覚えていませんが、とりあえずその集まってくる場所が決まっていて、いつもそこに何万匹というインコが集まってくるそうです

ジャングルの中では珍しい昆虫や爬虫類もいました

P6270984.jpg


こいつはカマキリの仲間です

日本にいるカマキリとは全然違い、背中の部分が葉っぱのようになっています

お次はハムシの仲間

P6280997.jpg

きれいなオレンジ色をしています

きれいなバラにはトゲがある・・・という言葉のように鮮やかな色をしている生き物は、毒をもっていることが多いんですよね~(こいつに毒があるかはわかりません)

他にも15センチぐらいあるツチグモの仲間(一般的にタランチュラと呼ばれるクモ)がコテージの目の前にいたり、ヤドクガエル(大きさ2センチぐらいの小さなカエルで、赤黄青が混ざり合ったきれいな色をしていますが、猛毒を皮膚に持っている)などなど色々な生物を見ることができました

昆虫嫌いな人は結構多いですが、ダイバーが夢中になっているウミウシとかと同じように色々な模様・色・形をしています

視点を変えてみると今まで気にしていなかった生き物が、実はきれいだった!とかあるかもしれませんよ

ダイビング中でも一種類の魚を1ダイブ中ずっと観察してみる!とか、何気におもしろい

思わぬアクションをしてくれたりもするので、ぜひやってみてください

テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

<< 四本岩のイソマグロ | ホーム | ウミガメの季節 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。