プロフィール

ClubNoah HAHAJIMA

Author:ClubNoah HAHAJIMA
小笠原・母島でダイビングやエコツアーを行っている、クラブノア母島です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タイドグラフ

ブログ内検索

RSSフィード

クラブノア母島のホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよウミガメが・・・

3月28日(水)

天気:
気温:21℃
水温:20℃
風向:北
波高:1.5m


昨日までのうねりもほとんどなくなり、今日は絶好のダイビング日和

この春から高校進学のため母島を離れる子供たちが、体験ダイビングをしました。

潜る前はドキドキしていた様子でしたが、始まればさすが島っ子。耳抜きや呼吸もまったく問題なくあっという間に潜っていき、水中では自由勝手に遊びまわり、岩の隙間に隠れる魚などを探していました。

初めての水中はどうだったかな?素敵な思い出になったでしょうか?

この思いを忘れずに、一回りも二回りも大きくなって、また母島に帰ってきてくださいね


120328taiken.jpg





さて、話は変わって表題のウミガメのお話。

クラブノア母島では、母島漁協と協力してアオウミガメの保護繁殖事業を行っております。

毎年、ウミガメ産卵場なる施設に約40頭ものアオウミガメを囲い、産卵、ふ化、放流を行っています。

その産卵場に昨日からウミガメが入り始め、いよいよウミガメシーズンの突入となります。

ご存知の通り、ウミガメの産卵は夜に行われるため、これから夏の間、ノアのスタッフは産卵観察に追われ、夜も眠れなくなります

産卵が始まるのはGWごろから。今年は何個の産卵があり、何匹ふ化することでしょうか?


心配なことは観光客の増加です。

世界自然遺産に登録され、ここ母島でも少なからず観光客が増加してきています。

人が増えるということは、マナーが悪い人も増える気がします。

できるだけ近くで、できるだけ長く、できるだけ、、、、、、

お気持ちはわかりますが、ウミガメには伝わりません。みなさん、優しい気持ちで見てあげてくださいね


120328kame.jpg




テーマ : 今日のブログ - ジャンル : ブログ

<< えぇ!こんな外来種が!! | ホーム | クジラの鳴き声はするのですが、、、 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。